本文へ移動

個人情報保護方針

個人情報保護方針

(個人情報の取得の原則)
 個人情報の取得は、適法且つ公正な手段によって行うものとし、当法人の事業活動に必要な範囲内において利用目的を明確に定め、その目的の達成のために必要な限度においてのみ行うものとします。
(個人情報の利用の原則)
 個人情報は、原則として利用目的の範囲内で、具体的な権限を与えられてきた者のみが業務の遂行上必要な限りにおいて利用できるものとします。
(個人情報の目的外利用)
 利用目的の範囲を超えて個人情報を利用する場合は、本人の同意を得ることと致します。
(個人データの提供)
1.当法人が保有する個人データにつきましては、本人の同意なくして第三者に提供を行いません。但し、次に掲げる場合にはこの限りではありません。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けたものが法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
2.個人データを第三者に提供する場合には、提供先に対して提供目的の範囲内において処理することその他次に掲げる事項を遵守することを合意の上徹底するよう努めます。
(1)提供先において、個人データの取り扱いにより、知り得た個人データの漏洩または盗用がなされないこと
(2)提供されたデータの再提供を実施する場合には、あらかじめ書面による承諾を求めること
(3)提供先における保管期間等を定めること
(4)利用目的達成後のデータの返却または提供先における廃棄もしくは削除が適切かつ確実になされるようにすること
(5)提供先におけるデータの複写及び複製(安全管理上必要なバックアップを目的とするものを除く)を禁止すること
(利用目的の通知)
 本人から、当該本人が識別される保有個人データの利用目的の通知を求められたときは、本人に対し、遅延なく、これを通知致します。ただし、法令に別段の定めがあるときはこの限りではありません。
(保有個人データの開示)
 本人から、当該本人が識別される保有個人データの開示(当該本人が識別される保有個人データが存在しないときにその旨を知らせることを含む)を求められたときは本人に対し、書面または本人が希望する方法により、遅滞なく、当該保有個人データを開示致します。ただし、法令に別段の定めがあるときはこの限りではありません。尚、開示の結果、誤った情報があり、訂正または削除を求められたときは、遅滞なくこれに応じるとともに、可能な範囲内で当該本人に対してその旨及び訂正内容の通知を行います。
(利用または提供の拒否に対する対応)
 当法人が有する保有個人データにつき、本人から自己が識別される保有個人データに関し、利用目的外の取り扱いがなされていること、法令の規程に違反して第三者に提供されていること、または不正な手段で収集されたものであること等を理由として当該保有個人データの利用の停止または消去を求められた場合であって、その求めに理由があると認められるときは、遅滞なくこれに応じます。但し、当該保有個人データの利用停止等を行うことが困難な場合であって、本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとるときはこの限りではありません。
(廃棄・消去の手続)
 個人情報の消去及び廃棄は、具体的な権限を与えられたものが焼却、裁断、溶解、磁気的消去等の方法により、外部流出等の危険を防止するための方策を講じた上で行います。
(苦情の受付及び相談窓口の設置)
 法人本部は、個人情報及び個人情報保護に関して随時苦情および相談を受け付けて対応致します。
 
【個人情報に関する苦情、相談窓口】
社会福祉法人亀鶴会
TEL:0977-22-2515
FAX:0977-22-2516
カウンター
0
0
2
7
5
4
TOPへ戻る